大甕神社 おおみかじんじゃ 2009/12/05 茨城県日立市大みか町6-16-1 祭神、武葉槌命。造営が最初に為された年代は不詳。1689年、水戸藩により大甕山上より現在の地、宿魂石上に遷宮。大甕倭文神宮という神宮の号を用いる。1695年、水戸藩により、社殿が造営される。1751年、修復工事。 1933年、現在の拝殿が造営される。1957年、現在の本殿が造営される。
鳥居

拝殿





御祭神、武葉槌命と甕星香々背男の戦い?

宿魂石。本殿入口。



宿魂石上の本殿









儀式殿



国道6号をはさんである神社。

祖霊殿への参道

祖霊殿

■鎮座地の治革  大甕は、甕星香々背男という悪神が占拠していた。南北朝時代、南朝方北畠顕家の軍勢と北朝方佐竹畠義との間で、甕の原の戦があった。江戸時代、奥州の大名の参勤交代をはじめ人々の往来も多くなる。元禄の頃、水戸藩主度々の社参を受ける。   ■御祭神の御事  創祀年代は不詳。御祭神、武葉槌命は神代の昔に皇室の祖先。天照大御神の命令により、鹿島神宮の御祭神武甕槌命と共にこの常陸国を平定。日本民族を一つにまとめた、日本建国の大功神とされる。「大甕倭文神宮縁起」に次のように伝えられる。天照大御神が天孫瓊瓊岐尊を豊葦原中津国に降臨。その時、鹿島・香取の2神は葦原中津国の国津神・荒ぶる神々を鎮撫、掃蕩する任を負わした。2神は国津神等の国譲り、荒ぶる神々の掃蕩、国中の草木石類に至るまで平定。しかし、常陸国大甕に、悪神、甕星香々背男が、陣取り東国地方の陸地、海上に勢力をもっていた。鹿島・香取の神も、この勇猛なる大勢力の前に為す術がなかった。そこで、甕星香々背男討伐を負わされたのが、大甕神社の御祭神、武葉槌命。武葉槌命は、武神、知恵の神。命の戦略の前に甕星香々背男も敗れる。大甕神社の神域を成す宿魂石は、甕星香々背男の荒魂を封じ込めた石といわれる。(大甕倭文神社のしおりより)