×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  
稲田神社 いなだじんじゃ 2009/12/20   茨城県笠間市稲田字宮山  御祭神、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)。約1,200前に創建。御祭神、奇稲田姫命は、八岐の大蛇退治の、素盞鳴之尊と夫婦の、女の神様。1695年、徳川光圀公が奉納した四神旗がある。女の神様であり、母の大愛を備え、慈悲仁愛の徳高く願事は必ず聞き届けられるといわれる。(説明板より)稲田神社は、平安時代以来、朝廷に保護される名神(みょうじん)大社だった。広大な土地を所有していたという。近くにある西念寺も、稲田神社の土地の内だったと思われる。(茨城と親鸞 今井著より)
大きな鳥居



拝殿



拝殿と本殿

本殿



末社  八雲神社・天満宮・脚摩乳神社・手摩乳神社・秋葉神社・稲荷神社