×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  
法專寺 ほうせんじ  2009/12/18 2010/06/27   茨城県常陸大宮市東野921  楢原山法徳院。二十四輩 第十九 明法房。真宗大谷派。山伏・弁円(明法房)が1226年、開基。明法房はこの地で真宗の教えをひろめた。















聖徳太子立像。

親鸞聖人坐像。



玉清井(たまきよい)  日本武尊が東征のときに飲料としたという。水底に無数の玉石が輝いていた。寺の前を流れる川を玉川と呼ぶのはそれに起因している。村の名前や駅の名前も玉川村になった。(説明板より)

お寺で、お茶をごちそうになりながら、いろいろと教えていただいた。「摂取不捨」と書かれた書が額に入り掲げられていた。立派な、力強い気持ちの入った、4文字だった。

摂取不捨 意味。仏が生きているものすべてを見捨てず、仏の世界に救い上げる。「摂取」はその慈悲心で衆生を仏の世界に救うこと。「不捨」は仏がどのような生き物をも見捨てないということ。
寺の横から弁円の塚へ続く遊歩道。





明法房山伏弁円の塚(みょうほうぼうやまぶしべんねんのつか)





明法房は、平能宗(よしむね)といい、平清盛の孫。平家滅亡後、山伏の苦行に励む。豊前僧都播磨公弁円と名乗り、人々の信仰を集める。1212年、常陸国主4代佐竹秀義は、常陸大宮市東野に法徳院を建立。弁円を先達として寺領500石で招く。当時、法徳院は末派35坊と門弟100余名となる。1217年、親鸞が稲田で草庵を結ぶ。教えは広がり、弁円の勢力をおびやかした。弁円は親鸞を憎み、稲田の親鸞を襲う。しかし、親鸞の教えに帰依して門弟となる。明法房と名乗る。1226年、明法房は楢原山法徳院法専寺を創建。1251年、72歳で往生。(説明板より)