×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  
青蓮寺  しょうれんじ 2009/12/06他 茨城県常陸太田市東連地町197  皇跡山極楽院。 二十四輩 第八 證性房。 浄土真宗 本願寺派。 670年、後の天武天皇が太子堂を建てたのがはじまり。鎌倉時代、畠山重秀が、常陸・稲田の親鸞聖人を訪ねて證性と名のり、真宗の道場とする。青蓮寺は、證性房が寺を再興した際、青い蓮の夢を見たため。(東本願寺ホームページより)



菊の御門



阿弥陀如来立像 大変にやさしい顔をされている。 鎌倉時代の作。



















住職さんのはなし。一時期、住職不在となった。ここに来たときは、足の踏み場もないくらい荒れていた。これでも、きれいになってきた。紅葉はきれいです。2010/10/16 常陸太田市指定文化財集中曝涼で青蓮寺にいく。「豊後国の二孝女と青蓮寺」の講演会をきく。二孝女に関する江戸時代の手紙、しっかりと残っておりました。

江戸時代の人は、文字が上手であります。二孝女の本を買って帰る。2009年度に行ったときから、お寺は大変さっぱりとした感じを受けました。少し、木を切ったからだとおもいました。2010/11/14 銀杏の紅葉を見にいく。お寺のおばあさんのはなし。銀杏が例年になく黄色くなっていない。銀杏の実が全く無い。夏が異常に暑かったためか? 銀杏の葉は、黄色くなる前に、落ちてしまうようだ。どんぐりは、いっぱい落ちている。テレビなどで熊が街に出て困るといっているが、お寺にくればいっぱい食べ物があるのに。どんぐりを拾って帰ってきました。
親鸞聖人さま

青蓮寺の住職さん、坊守さん、おばあさん色々と教えていただきありがとうございます。