×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  
枕石寺 ちんせきじ 2009/12/05 茨城県常陸太田市上河合町1102  大門山伝灯院。二十四輩 第十五 入西房。真宗大谷派。1212年、雪の夜、日野頼秋という武士の家に、親鸞が訪ねた。
一夜の宿を請う親鸞。頼秋は、「仏道を修する者が、雪や寒さを苦にして、安楽に宿をとるとは何事か」と追い出す。その夜、頼秋は、石を枕に念仏を称える親鸞の姿に改心し、帰依した。
頼秋は入西と名のり、邸宅を寺として「枕石寺」とした。(東本願寺ホームページより)  倉田百三「出家とその弟子」枕石寺に伝わるはなしをもとにしている。









親鸞聖人雪中沈石之聖蹟の碑