×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  
大根田願入寺跡  おおねだがんにゅうじあと   2012/02/19   茨城県常陸大宮市下小瀬地区

大根田願入寺とは…親鸞の孫如信(1235-1300)が、最初に草庵を開いたのは福島県石川郡大殿町竹貫。「大網御坊」といった。西白河郡泉崎村北平山にあったというはなしもある。「大網門徒」という門徒集団が生まれた。如信は、その後、茨城県久慈郡大子町金沢地区(法龍寺)に移る。その後、願入寺と名前を改める。1446年、戦乱をさけ、金沢地区より小瀬地区(大根田願入寺跡)に移った。そして、この地に「大根田門徒」が形成された。その後、願入寺は荒廃し、東海村石神、那珂市菅谷、常陸太田市稲木、那珂市額田森戸、常陸太田市久米と移る。光圀によって磯浜(大洗町)に寺領を寄進・再興され現在に続いている。成就院(じょうじゅいん)  成就院は、願入寺移転後の、真言宗のお寺。約300年間地域の菩提寺となった。