西蓮寺  さいれんじ   2010/07/04  茨城県行方市西蓮寺504  天台宗 尸羅度山曼殊院(しらとさんまんしゅいん) 西蓮寺  782年 最澄の弟子 最仙の開創。
仁王門









西蓮寺大イチョウ1号 樹齢は千年以上。

本堂













壽老人(じゅろうじん)像 七福神の一人

常行三昧会の雅な籠(かご)行列か?



西蓮寺大イチョウ2号





西蓮寺相輪とう(さいれんじそうりんとう)  天台宗の象徴。1287年、元が攻めてきた弘安の役の戦勝記念に建てられたといわれる。高さ約9m。錫杖形。



薬師堂







聖徳太子



西蓮寺常行三昧会(じょうぎょうざんまいえ)  1090年頃に地元の長者が比叡山より移したといわれる。末寺、門徒が集まり9/24〜9/30にわたって堂内を廻りながら立って読経する。市も開かれる。(説明板より)常行三昧堂



水子地蔵

ノカンゾウ?

あじさいとノカンゾウ

山門 境内よりみる。

尸羅度観音(しらとかんのん)

山門近くのあじさい

山門近くにあった船